的中率9割超えを目指す人のために弓道上達法を教えるサイト

弓道9

弓具

弓道の弦の種類による違いとおすすめの弦を紹介!

更新日:

tsuru

弓道の弦は、各メーカーがいろんな種類を出している。

部活でやってる人なら学校が用意してたりするが、慣れてきたら自分の弦は自分で選びたいもの。

しかし種類が多すぎてどうやって選んでいいかわからないと思う。
 

というわけで今回は、弓道初心者向けに弦の選び方やおすすめの弦を解説する。

弦による違い

まずは弦の素材や太さ、柔らかさなどの違いによって射術にどんな影響があるのか解説する。

合成弦か麻か?

弓道の弦は大きく分けて合成弦と麻弦の2種類がある。

合成弦はケブラーなどの化学繊維で作られており、麻弦は天然素材である「麻」で作られている。
 

麻弦は非常に柔らかいが寿命が短くて切れるのが早い。

弦切れは早い方が弓に負担がかからないため、麻弦を使った方が弓は長持ちする。
 

といっても麻弦自体が高いこともあるため、高級な弓である竹弓に使う人が多い。

竹弓使い以外のほとんどの弓道家は価格のリーズナブルな合成弦を使っている。

合成弦の種類による違い

しかし同じ合成弦でも、使う弦によって、弦の細さや柔らかさ、耐久性、弦音などが違う。

ただ太さは2号、3号(数字が大きいほど太い)、または並用や伸用などの基準があり、調整できる弦も多い。

基本的に15kg以下は2号、16kg以上は3号など、弓力に合わせて弦の太さを調整するといい。
 

また値段も結構違い、同じ合成弦でも300~1500円くらいの差がある。

この価格差により、同じ素材を使っていても弦の丈夫さ、性能に差が出る。

弦の太さによる違い

弦の太さによって若干する弦の返るスピードが変わる。

細いほど早く、太いほど遅く返る。
 

つまり太い弦の方が鈍く返り、細い弦の方が鋭く返る、ということだ。

弦の硬さによる違い

弦の硬さによって弦の返りが多少変わる。

硬い弦は戻りが早く、柔らかい弦は戻りが遅い。
 

そのため矢勢は硬い弦の方がよく、柔らかい弦の方が弱い傾向がある。
 

ただ柔らかい弦の方が引き心地がよく万人受けするのに対し、硬い弦は人を選ぶ。

そういう意味で初心者にはどちらかというと柔らかい弦がおすすめだ。

弓と弦の相性について

強い弓、離れ時の反動が強い弓は離れで返る勢いが強い。

そのため、比較的どんな弦を使っても大丈夫。

弱い弓、反動の小さい弓は離れで返る勢いが弱い。
 

そのため、使う弦によっては弦の方が先に返ってあとから弓が返ることになり、うまく離れのタイミングがかみ合わず、相性が悪いと言える。
 

硬い弦は強い弓とは相性がいいが、弱い弓や離れの反動が弱い弓に使うと弦の返りの方が早すぎてしまい、相性が悪い。

柔らかい弦は強い弓、弱い弓どちらでもオールマイティーに使える。

おすすめの弦は?

弓道の弦は素材は同じでもメーカーによっていろんな種類の商品がある。

初心者にはどれを選んでいいのか、なかなかわからないと思う。
 

弦は基本自分の好きなものを選べばいいが、一応、これは鉄板といった感じで、おすすめしている人の多い人気の弦がある。

そういった万人受けする人気の弦を紹介する。

硬めの弦のおすすめ

天弓弦

値段:900円

矢飛び弦音耐久性、という弓道家が弓の弦に求める性能すべてが断トツで高い、という完璧な弦。

他の弦から天弓弦に変えたら矢飛びも弦音もよくなってちょっとした感動を覚えた、という感想が多い。
 

その性能の分値段が高いのが欠点。

といっても弦代はそんなに高い買い物ではないので本気で弓道やる人なら余裕で出せる金額だと思う。

飛翔弦

値段:600円

天弓弦と同じメーカーが作ってる弦で、天弓弦の廉価版のような弦。

といってもやはり並みの弦と比べて矢飛び弦音がよく、コスパと性能を両立した弦として人気がある。

値段:650円

矢飛び弦音耐久性、という弓道家が弓の弦に求める性能がすべてそろってる弦。
ただし、弦が硬めで、ポキポキ折れやすいのが欠点。

折れるとそこから切れると思いがちだが、意外と折れずに長持ちする。

柔らかめの弦のおすすめ

カエル弦

値段:500円

矢飛び弦音がよく、値段も安いので人気の弦。

硬さは硬すぎず、柔らかすぎずと言ったところ。
 

欠点は伸びるのが少し早いこと。

でも切れにくく、伸びてからも使えるので耐久性もそこそこあり、コスパがいい。

弓神

値段:500円

値段が安いが矢飛び弦音耐久性のバランスがよく使いやすい弦。

弓神は柔らかすぎず、硬すぎずでオールマイティーに使える。

正弦

値段:390円

ミズノで販売されている太くて柔らかめの弦。

値段が安い割には性能も悪くなく、評判がいい。

番外編:FFひむか

値段:2700円

FFひむかは普通の合成弦とはちょっと違うので番外編ということで紹介する。

FFひむかはFirst Flight(高密度ポリエチレン繊維)というアーチェリー用の強度の強い素材を弓道用に改良して開発された弦。
 

アーチェリー用素材なだけあって性能はめちゃめちゃ高い。

ここで紹介した他の合成弦と比べても矢飛びと耐久性は抜群に高い。

私も高校時代使っていたからその性能のすごさはよくわかる。
 

値段は高いが、耐久性がものすごく高く、1年持つので他の弦よりコスパもいい。

こちらの記事で詳しく紹介してるので気になる人は見てみてほしい。

FFひむかのメリットや弓への負担と実際に使った感想

まとめ

ぶっちゃけ弓道の弦は、弓道用具の中であまり目立たないし、素材も似たり寄ったりなので、あまり差がつくものではないと思いがち。

でもこれが意外と差が出る。
 

弦の柔らかさで引き味が変わるし、矢飛びも変わる。

それに弓と弦の相性、引き方と弦の相性もある。
 

弦の値段は安いのでいろんな弦を試して自分に合った弦を使うのがおすすめだ。

弓道PC記事下

スポンサーリンク

弓道PC記事下

スポンサーリンク

的中率9割超えたいなら9割超えてる人から学ぼう

教士七段、的中率98.8%の増渕敦人さんが教える弓道教材「弓道上達革命

現在日本で手に入る弓道教材の中では間違いなく最高レベル。
本気で弓道上達したい人におすすめ。

→詳細を見る

-弓具

Copyright© 弓道9 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.