弓道に関する疑問を解決するサイト

弓道のQ

審査

射法八節を順に列記し、簡単に説明しなさいに対する模範解答

投稿日:

gakkasiken

弓道の審査の筆記試験の問題で非常に出題頻度の高い問題に

「射法八節を順に列記し、簡単に説明しなさい」というのがある。

この問題に対する解答の仕方には主に2つの方法がある。

1.教本を丸暗記、もしくはアレンジしたものを暗記して覚える
2.指導者から教わったことをそのまま書く

弓道をちゃんとした講師の方に教わってる場合、2の教わったことをそのまま書く方法でも合格点がもらえると思う。

しかし初心者で教わったことをうまく言葉で表現できない場合、1の方法をとることになる。

教本を丸暗記するのも一つの手なんですが、これだと「簡単に説明しなさい」の部分が簡単でなくなってしまうため、あまりいい解答とはいえない。

その場合、教本をアレンジしたもの、もしくは他人の模範解答をアレンジすればいいが、面倒だろう。

そこで今回は私が特別に模範解答を考えてみたので紹介する。

「射法八節を順に列記し、簡単に説明しなさい」に対する模範解答例

射法八節を順に列記

射法八節は足踏み、胴造り、弓構え、打ち起こし、引き分け、会、離れ、残心からなります。

射法八節の簡単な説明の模範解答

足踏み

足踏みは弓を射るための準備動作で、弓に矢を取りかける動作のこと。
的を見たまま、まず左足に左に半歩踏み開き、次に右足をいったん左足に引き付けてから右に半歩踏み開く。

胴造り

胴造りは弓を射る土台となると胴体を安定させるための腰の構え方のこと。
足踏みを基礎として背筋うなじを上方に伸ばし、重心を安定させる。
この際弓の本弭は股間に入れずに左膝頭におき、右手は右腰にあたりに置く。

弓構え

弓構えは弓を射るための準備動作で、弓に矢を取りかける動作のこと。
右手親指の腹にある弦枕に弦を当てて取りかけた後、両腕前腕の下筋を張る。
取りかけを行ったら手の内を整え、その後的に顔を向ける。

打ち起こし

打ち起こしは弓を引き分ける前の準備として、弓に矢を取りかける動作のこと。
右手親指の腹にある弦枕に弦を当てて取りかけた後、両腕前腕の下筋を張る。
取りかけを行ったら手の内を整え、その後的に顔を向ける。(物見)

引き分け

引き分けは弓を左右均等に引き分ける動作のこと。
まず弓の三分の一ほど押し開く。この動作を大三といい、大三では左肘から先を的方向にほぼ平行に、左肘が伸びきる少し手前くらいに移動し、右手は矢の平行を保ちつつ弦に引かれるだけ。
大三で一拍置いてから左右均等に口割りまで引き分け、胸弦をとる。

会は引き分けが完成し、弓を矢尺分引ききった状態のこと。
会で的に狙いが定まり、そこから気力を充実させながら天地左右に伸び合う。

離れ

離れは会で伸び合った状態から矢が放たれること。
会の良し悪しが離れに影響するが、天地左右に正しく伸び合った状態で離れれば、右手左手の両拳が矢筋方向に離れる。

残心

残心は離れの後の姿勢のこと。
離れた後にすぐに姿勢を崩さずに数秒間停止することにより、矢処、姿勢の崩れ等を見ることで自分の射癖を分析する。

まとめ

ここに書いた模範解答はそのまま丸暗記でもいけるし、多少自分の言葉に直してから暗記すればなおいいと思う。

弓道の審査で重要なのは筆記より実技だ。

弓道の審査 技術試験のポイントまとめ

ぶっちゃけ筆記はちょこっと暗記してさっさと終わらせ、実技で最高のパフォーマンスを発揮することに注力した方がいい。

このページが筆記試験のための暗記時間を短縮する助けになれば幸いだ。

弓道PC記事下

スポンサーリンク

弓道PC記事下

スポンサーリンク

弓道がなかなか上達しなくて困ってる人へ

誰でも確実に弓道を上達するにはどう練習すればいいのか、考え方や方法を書いた記事です。

弓道がなかなか上達しない人へ 誰でも確実に上達する方法

-審査

Copyright© 弓道のQ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.