的中率9割超えを目指す人のために弓道上達法を教えるサイト

弓道9

段位・審査

弓道の審査の費用の仕組み 段位別審査費用一覧表や申込み期限について

更新日:

hiyou

弓道の審査を受けるには審査料が必要だ。

しかし審査料は段位によって違う。

さらに合格したら登録料を別に払う必要がある。
 

そんな弓道の審査費用の仕組みについて詳しく説明しようと思う。

弓道の審査にかかる費用の仕組み

まず弓道の審査にかかる費用は審査料と登録料の2種類ある。

この2つがなぜ必要なのか、まずは仕組みを知ろう。
 

審査料と登録料って何?

審査料:審査を受けるために必要な費用
登録料:審査に合格したときに段位級位の認定を受けるために必要な費用
 

資格試験とかであれば受験料を最初に払えばそれで済む。

しかし弓道の審査はそうはいかず、受かったら弓道連盟から段位級位の認定を受けるために登録料を払わなければならない。
 

登録料を払って認定を受けると段位級位の認定証書がもらえる。

審査に合格したのに登録料を支払わなかった場合、段位級位は認めてもらえない。
 

つまり、「受かった」という単なる自己満足が得たいだけであれば登録料を払わなくても問題ない。

もちろん、普通は認定証をもらって初めて弓道初段とか、弓道弐段とか言えるものなので、これを払わない人はまずいないと思うが。
 

ちなみに初段や弐段などの段位を持ってることで何か得することはそんなに多くなく、自己満足に近いものだと思う。

ただ初段以上ないと出れない大会などがたまにある。
 

また地域によっては初段以上の者は自由に個人利用できる公営道場がある。

そういうのと無縁な環境であればあえて無理して取らなくても周りの人たちに君なら受かって当然と言われてから受けるくらいでいいと思う。

落ちたら審査代もったいないし。

弓道の段位別審査料と登録料一覧表

ninnteisyou

実際に審査料と登録料がいくらなのかは以下の表を見てほしい。

段位審査料登録料
級位1030円1030円
初段2050円3100円
弐段3100円4100円
參段4100円5100円
四段5100円6200円
五段6200円10300円
六段7200円30900円
七段8200円51000円
八段103000円72000円

 

高校生以下の場合

審査種別判別内容学科審査料
級位無指定実力に応じて5~1級を認定(飛び級可)無し1030円
無指定実力に応じて5~1級を認定(飛び級可)有り2050円
級位指定級受有者が1段階上位の級位を指定無し1030円
初段指定1級受有者が初段を指定有り2050円

こちらは初回のみ受講料1000円が別途必要。

登録料
級位:1030円
初段:3100円

登録料は審査によって段位が上がるなら絶対必要だが、上がらなかった場合は必要ない。

弓道の審査の申し込み期限は?

弓道の審査には申し込み期限がある。

審査の種類申込み締切日
中央審査審査実施日の90日前必着
他府県地方審査申込締め切り日の20日前必着
地方審査実施日の20日前必着

まとめ

弓道の審査というのは基本的に弓道やってる人が必ず受けなきゃいけないものではない。

熱心に審査を受ける人もいれば審査なんてどうでもいいと言って受けない人もいる。
 

仮に審査がスムーズに受かる者であればいいが、実際結構落とされるものだ。

落とされるとまた受けなきゃいけないので審査料が倍かかってしまう。
 

お金もかかるし体配とか学科とか覚えるのもめんどくさい。

そういう苦労をしてまで段位が欲しい人だけが受ければいいものだと思う。
 

個人的に思うのは何度も審査に落ちるのは時間とお金の無駄だということだ。

おまけに落ちるとショックを受けるから精神的にも悩んでしまったりする。
 

弓道において審査はあくまで審査。

本当に重要なのは自分が正射に近づいてるかどうかだと思う。

弓道がなかなか上達しない人へ 誰でも確実に上達する方法

だから審査をそこまで重要視せずに、初段なら100%受かりそうだからとりあえず受けとくか、ぐらいの気持ちで受ければいいんじゃないかなーと思う。

的中率9割超えたいなら9割超えてる人から学ぼう

教士七段、的中率98.8%の増渕敦人さんが教える弓道教材「弓道上達革命

現在日本で手に入る弓道教材の中では間違いなく最高レベル。
本気で弓道上達したい人におすすめ。

→詳細を見る

-段位・審査

Copyright© 弓道9 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.