的中率9割超えを目指す人のために弓道上達法を教えるサイト

弓道9

確実に上達する練習方法

弓道は指導者がいないと上達は難しい?対処法3つ

更新日:

指導者がいない・・・。

これは全国の弓道部共通の悩みだと思う。
 

弓道という競技がマイナーなこともあり、顧問の先生になる人が弓道経験者で指導ができるレベルというケース自体まれ。

中には弓道部顧問に弓道経験がないことも普通だ。
 

そこで今回は指導者がいないと弓道上達が難しいのか、指導者がいない弓道部の人にできる対処法はないのか、解説したいと思う。

弓道は指導者がいないと上達は難しいのか?

結論を言うと弓道はちゃんとした指導者がいる場合と比べて、いない場合に上達が難しいのは間違いない。

弓道はかなり奥が深いのでやってるといろんな問題に直面する。
 

たとえば
 

「自分では正しく引いてるつもりなのに全然的に中らない。
何が原因なのかわからない。」
 

「離れで弦が腕を払うようになった。
何が原因かわからないから直しようがない。」
 

「離れで弓手がぶれる。
ぶれないようにしたいけどどうすればいいのかわからない」
 

など。
 

こういった悩みは経験者に聞くのが一番解決が早い。

でも指導者がいないと自力で試行錯誤するしかない。
 

しかし何かを直せば別の何かが悪くなるのが弓道の難しいところ。

一度悪循環にハマるとなかなか抜け出せずスランプに陥ることもしばしばある。
 

もちろん教本や弓道の本を見て自力で解決を試みたり、先輩に聞いたり、指導者がいなくてもできることはある。

でも一人一人直面する問題は違うし、その時のその人の射の状態にあったアドバイスは優れた指導者でないとできないものだ。
 

ちなみに弓道の優れた指導者は最低でも錬士5段以上を持ってる人が望ましい。

でもこれを持ってる人が学校にいることは非常にまれだから指導者がいないか、いても弓道歴3年とか4年程度の経験者がいるくらいが普通だと思う。
 

これではなかなか弓道を上達するのは難しい。

弓道部にちゃんとした指導者がいない場合、どうすればいいのだろうか。

弓道部に指導者がいないときの対処法3つ

指導者がいないときの対処法は3つある。
 

1. 学校に頼んで外部の先生を呼ぶ

1つは学校に頼んで外部の講師を派遣してもらうこと。

学校から地域の弓道連盟にお願いしてもらえば錬士5段以上の指導者を派遣してもらえる可能性がある。
 

ただし費用がかかるので顧問の先生に交渉が必要。

予算が許せば派遣してもらえるだろう。
 

週2,3回だけでも外部指導者にきてもらうだけでだいぶ違うと思う。
 

この方法が無理なら部の名簿などを頼りにOBに頼る方法もある。

この場合も後輩のためにボランティアで教えたいと言うOBがいればいいが、普通は交通費や謝礼は必要と考えた方がいいだろう。
 

2. 地域で指導者がいる弓道場を探してそこに通う

近くに弓道の公営道場がないか探してみよう。

そういった道場は基本社会人向けではあるが、学生が行っても普通に受け入れてくれる。

弓道部の中でも熱心な人は公営道場に通って一人だけ上達して全国大会に出場したりする人も多い。
 

ただ、道場によっては初段以上の段位がないと引かせてもらえない場合もあるので注意しよう。
 

3. 弓道のDVD教材を買って独学で学ぶ

弓道教本や本などでもある程度は独学で学ぶことができる。

しかしやはり本だけではイメージしづらい。
 

そこでDVD教材を使うとだいぶマシになる。

映像があれば具体的にどんなふうに体の動きを変えればいいのか理解しやすい。
 

DVD教材を使うならおすすめは断トツで「弓道上達革命」だ。
 

この教材は少し高いが教えてくれるのは増渕敦人さんという正真正銘のプロだ。

増渕敦人さんは選手としても的中率98.8%を誇り、なおかつ教え子を何度も全国優勝に導く指導のプロ。
 

教え方の方針は「シンプル イズ ベスト」で非常にわかりやすいと定評がある。

弓道初心者の高校生を3年以内に全国大会で入賞させるなど指導力の高さは日本一と言っても過言ではないと思う。
 

弓道上達革命のDVDの中ではそんな増渕敦人さんが射法八節を一つ一つ丁寧に教えていて、やりがちな悪い癖の原因なども教えてくれる。
 

しかもこの教材のすごいところは購入から180日間、増渕敦人さんのメールサポートがつくこと。

回数無制限で増渕敦人さんに直接質問することができる。
 

だから弓道をやってるときに直面するありとあらゆる悩みを増渕敦人さんに直接聞いて解決することができる。

これは下手に外部講師を呼んで直接指導してもらうより効果が高いと思う。
 

>弓道上達革命の詳細を見る

まとめ

以上、弓道部に指導者がいないときの対処法を解説した。
 

個人的なおすすめはやはり弓道上達革命を買うこと。

増渕敦人さんのわかりやすい教え方をDVDで見れて、なおかつメールで何度でも質問できたら確実に上達できると思う。
 

ちなみに私は高校の時錬士6段の外部講師の方が週2,3回部活に来て教えてくれた。

だが、その人はそんなに教え方が上手くなかった。

いないよりは全然マシだが。
 

弓道を教えるのは実際かなり難しいことだと思う。

一人一人抱えてる問題は違うし、引き方も違うから一人一人に合った指導をするのは至難の業だ。
 

だからこそ、本物の指導者のプロである増渕敦人さんから学べる弓道上達革命は非常に価値の高い教材だと思う。

確かに高いが価格相応の価値はあると思う。

弓道PC記事下

スポンサーリンク

弓道PC記事下

スポンサーリンク

的中率9割超えたいなら9割超えてる人から学ぼう

教士七段、的中率98.8%の増渕敦人さんが教える弓道教材「弓道上達革命

現在日本で手に入る弓道教材の中では間違いなく最高レベル。
本気で弓道上達したい人におすすめ。

→詳細を見る

-確実に上達する練習方法

Copyright© 弓道9 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.