的中率9割超えを目指す人のために弓道上達法を教えるサイト

弓道9

弓具

弓道とアーチェリーにかかる費用の違い

更新日:

弓道かアーチェリーどちらをやるかで悩んでる人にとって、非常に気になるのが費用がそれぞれどれくらいかかるのか、ということだろう。

結論から言うと、費用については道具に重きを置くアーチェリーの方が圧倒的に高い。

対して弓道は道具より技術を重んじるため、弓具代はそこまで高くならないし、学校で借りれるものも多い。
 

ということを踏まえた上で、弓道とアーチェリー、それぞれにかかる費用を具体的に見ていこう。

弓道

kyudoyumiya

弓道にかかる費用は弓を除けば4~5万
マイ弓を買えばそこにプラスして2~5万で6~10万程度だ。

弓道にかかる費用の内訳

器具 費用
2~5万円(竹弓は30万くらい)
1万円
矢筒 3000円
かけ 15000円
道着(2着)・袴・足袋一式 15000円
500~1000円

一式でそろえると7~10万。

弓は借りるなら4~5万だ。
 

学校で部活として始めるなら弓は基本借りれるため、自分で用意するのは矢、かけ、道着類だけでもオーケー。

矢は的前に立てるようになったら自分用を買うのが基本だが、最初は学校で共通の矢を借りて引けると思う。
 

ちなみに弓はグラスファイバー、カーボン、竹等あるが、学生はほぼグラスファイバーかカーボンなので2~5万程度で済む。

竹弓は扱いが難しく、使うのはほとんどが弓道歴5年以上の高段者だ。

アーチェリー

archeryyumiya

初心者の初期費用10万円
本格的な弓具一式の費用20~30万円

アーチェリーにかかる費用の内訳

器具 値段
3~30万円
15000円
アームガード、チェストガード 合計3000円
タブ 1000~3000円
ボウスリング 500円
ボウスタンド 3000円
ボウケース 5000~25000円
クイーパー 2000円
ハンドルカバー 1000円
リムカバー 1000円
Tゲージ 1000円

さらに、弓にもいろんな器具があって

器具 値段
ハンドル 15000~10万円
リム(上下) 15000~10万円
レスト 300円
ストリング 1000~2000円
ストリンガー 1000円
サイト 3万円
スタビライザー 5000~1万円
プランジャー 5000~1万円

 

初心者にかかる初期費用で10万くらい。

上達してきて本格的にそろえるなら20~30万くらいかかる。
 

アーチェリーは弓道と違って道具の性能が超重要なので本格的にやるならマイ弓は必須。

弓は初心者用の安いもので3万くらい、競技用に使えるレベルのもので10万前後、本気で命中精度上げたいなら20万以上のものを使った方がいい。
 

アーチェリーは道具でだいぶ差がついてしまうので道具代は惜しむべきじゃないと思う。

といっても初心者がいきなり高いものを買っても引きこなせないし、何がいいのかもわからないと思う。

最初は初心者向けのものを、半年~1年くらい経験積んでから本格的なものを買うのが普通だ。

弓道PC記事下

スポンサーリンク

弓道PC記事下

スポンサーリンク

的中率9割超えたいなら9割超えてる人から学ぼう

教士七段、的中率98.8%の増渕敦人さんが教える弓道教材「弓道上達革命

現在日本で手に入る弓道教材の中では間違いなく最高レベル。
本気で弓道上達したい人におすすめ。

→詳細を見る

-弓具

Copyright© 弓道9 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.